小児科医が子育てに奮闘しています。

小児科医は子育てのプロではありません。でも病気に関しては専門家です。日々わからないことだらけの子育てに奮闘しながら、病気に関して役立つ情報を提供できればと思っています。

【必見】おむつかぶれへの対処法!塗り薬は○○?

みんなの悩み、おむつかぶれ


昼間は暑くなってきましたね。

娘が保育園に行き始め、1ヵ月と少しが経ちました。今の所風邪も引かずに元気です。皆さんもうがい手洗いそしてマスクの感染予防は十分に行ってください。

 
さて、今日はおむつかぶれについてのお話です。

おむつかぶれはかなり多くの方から相談を受ける疾患であり、うちの子どもも何度も悩まされました。

今回はおむつかぶれについてまとめてみました。オムツかぶれに悩むお母さんお父さんだけでなく、小児科をはじめとする医師の方でおむつかぶれの処方で迷ってる人はぜひご一読ください。

 

 

オムツかぶれとは?

おむつかぶれは「オムツ皮膚炎」という病名で日常的に診療に当たる疾患であり、程度の差こそあれほとんどすべてのお子さんが「肛門の周りや股の間が赤い」という症状を経験したことがあるのではないでしょうか。ひどくなると水疱を形成したり、慢性化(長期化)すると皮膚が硬くなったりと跡に残ったりすることもあります。

原因はオムツとの「こすれ」で起こる接触性皮膚炎であったり、うんちやおしっこなどの排せつ物による炎症であったりします。最近の紙おむつはかなり性能がよく、以前よりも蒸れにくいとされていますが、蒸れてしまうと皮膚が柔らかくふやけてしまい、炎症が起こりやすくなります。

 

つまり、きれいに、乾燥に保つこと。

簡単に言えばこの二つが大切です。(保湿がダメというわけではありませんよ。)

 

オムツかぶれにならないためには

オムツ交換を頻回に

汚れと蒸れが天敵ですから、何はさておきオムツをこまめに交換する。これに付きます。紙おむつも決して安いものではないですが、おしっこが溜まっていたり、うんちが出ていないかはこまめにチェックして交換するようにしましょう。下痢などの時は特に注意です。

おしりを拭くときは優しく

皮膚の刺激は表面に細かな傷をつくり、そこから汚れやばい菌(あまり医学的な言い方ではないですが(;'∀'))が入ってしまい炎症を引き起こします。おしりを傷つけないようにやさしく拭きましょう。もちろん皮膚に優しい使い捨てのおしりふきがおススメです。特に下痢の時はケアの回数が増えてしまうのでより注意が必要です。余裕があればぬるま湯で洗って水気を押し拭きしてあげるのが一番でしょうが、なかなか難しいですよね。。

 

オムツかぶれになってしまったら

オムツかぶれに最も処方されているのは亜鉛化軟膏ではないでしょうか。

特に小児科医の中では一般的で、中にはオムツかぶれ=亜鉛華軟膏と「とりあえず生」ならぬ「とりあえず亜鉛華軟膏」で処方している人もいる思います。(私がそうでした)

 

亜鉛化軟膏の効能と特徴

亜鉛華軟膏は抗炎症作用と皮膚保護作用を持つ塗り薬です。赤みを帯びた部分や軽度のびらん面に塗ると、赤みを抑え元のきれいな皮膚に戻してくれます。


亜鉛華軟膏は比較的皮膚にやさしく副作用も少ないことから赤ちゃんにもよく用いられます。赤ちゃんの肛門周囲の炎症であるおむつ皮膚炎によく処方される理由でもあります。


…端的に言えば使いやすいのです

 
さてそんな亜鉛華軟膏ですが、もう一つ重要な特徴があります。

それは浸出液を吸収すると言うことです。亜鉛華軟膏は浸出液を吸収し、塗った部位をさらさらと乾燥した状態に保ちます

これ自体は悪いことではなく、実際に亜鉛化軟膏でおむつかぶれの多くは良くなります。 


しかし、おむつかぶれは汚れが原因で起こりますから、患部を清潔に保つことが1番です。亜鉛華軟膏を塗るとおしっこやうんちを吸収してしまい、患部をきれいに保つことが難しくなります。なので皮膚科の先生や一部の小児科の先生はおむつかぶれに亜鉛化軟膏を処方しません。

 

おむつかぶれにアズノール軟膏

亜鉛華軟膏と同じように後炎症作用持ち、皮膚に優しく比較的赤ちゃんにも使いやすい薬にアズノール軟膏があります。アズノール軟膏は水を弾く製剤になっており、火傷の治療などにもよく用いられます。

 

 きれいにした後のおむつかぶれ部位にアズノール軟膏を塗ることで、抗炎症作用を与えつつ、そのあとのおしっこやうんちを弾き、幹部を清潔に保つことができるようになります。

 

もちろんこまめなオムツ交換は必要になりますが、おしりを拭くときも汚れが落ちやすく、余分な力を加えなくて済むこともメリットです。

 

最後に

もちろん絶対的な治療というのはこの世に存在せず、亜鉛化軟膏<アズノール軟膏ということではありません。実際に私はどちらの薬も使いますし、場面場面での使い分けも大切です。

皮膚科の先生とお話ししたときに「確かに使い分けとかあまり考えずにおむつかぶれにはまず亜鉛化軟膏出してたな~」と思ったのでおむつかぶれについてまとめてみました。

 

 

 みんなで赤ちゃんの皮膚を守りましょう!

f:id:kobo2:20190520231948p:plain

では(。・ω・)ノ゙