小児科医が子育てに奮闘しています。

小児科医による子育て応援ブログ。病気、子育て、お金の悩みなどについて書きます。

子どもが発熱した時【上手な病院のかかり方】

f:id:kobo2:20191204161404j:plain

 

非常に多い子どもの発熱

子どもは免疫系が未熟なため、大人に比べて風邪(ウイルス感染)になりやすいとされています。そのため子どもは発熱しやすいのです。

 

以前も書きましたが、子どもの体温は成人に比べて高く、一般的に乳幼児では37.5℃以上を発熱と考えることが多いです。

www.kobonou.com

 

 前述の通り、発熱の原因で最も多いものはウイルス感染と言われており、体は発熱することで免疫系を活性化し、ウイルスと戦います。

ウイルスの種類にもよりますが、多くは2,3日で解熱を得られることが多く、基本的にはウイルス感染を早く治す特効薬はありません。

また、小さい子どもの方が高熱を出しやすく、初めて子どもを持った親御さんは乳幼児が40度近い発熱をして大変心配されて病院を受診することが非常に多くあります。

 

今日は子どもが発熱したときの対応と、病院の受診のタイミングについてお話します。

 

まずは体温をチェック

子どもが熱を出した場合、まずは熱をこまめに測るようにしましょう。

インターネットで「熱型表」「体温表」と検索すれば無料のフォーマットが沢山HITします。そちらを使用してもらっても良いですし、保護者の中には時間と体温をメモ帳や紙に書いてきてくれる方もいます。それでももちろんOKです。

また、鼻水、咳、嘔吐、下痢、耳を触るなど気になった症状も付け加えてもらえるとなおGOODです。

 

熱型というのは非常に重要で、熱の出方で考える疾患が変わってきます。この辺はまたの機会にお話しします。

最も多いウイルス感染症の熱型は、日中に熱が下がり、夜になると高熱になる特徴があります。

つまり、朝になって熱が下がっていても、夜になるとまた発熱する可能性が十分にあるので、日中にかかりつけ医を受診することが大切です。

 

元気があれば様子を見てもOK

子どもは大人よりも高熱を出しやすく、高熱に強いものです。

大人で38℃の熱が出ようものならぐったりして仕事どころではありませんが、子どもは39℃の熱が出ているのに元気に走り回っていることもあります。

また、そこまでではなくても水分補給ができており、ある程度元気な様子であれば直ちに病院を受診する必要は通常ありません。

むしろ、病院に行ってほかの子どもの風邪を貰ってしまう可能性も十分にありますから元気であれば家で様子を見ることも選択肢の一つです。

目安は3日間

軽い風邪であれば2,3日で解熱することが多いので、3日間程度様子を見るのが良いでしょう。逆にそれ以上熱が続くようならば一度日中にかかりつけの医師に診てもらうのが良いと思われます。

ウイルスによっては1週間ほど熱が続くこともありますが、発熱の原因によっては早期発見が必要な場合もあるからです。(川崎病など)

 

熱を下げる必要はあるの?

以前記事にも書きましたが、熱の出始めは寒気がしてブルブル震えるのでその時は温かくしてください。そしてそのあと手足がポッポと熱くなったら希望に応じてクーリングを行うと良いと思います。

www.kobonou.com

 ただし、クーリングには体温を下げるほどの冷却効果はありませんから、無理に冷やさずに、子どもの様子を見ながらにしましょう。

 

そもそも、熱を下げることで風邪が早く治ったりはしません。

但し、高熱で中々寝付けなかったり、ご飯が食べられないような時には熱を下げるために解熱薬を用います。

解熱薬について

解熱薬の効果について最も覚えておいて欲しいことは「3~4時間の間、熱を1~1.5℃下げる効果」しか持たないということです。

熱を下げたからと言って風邪が早く治ることもなければ、重症化を防ぐこともできません。熱が高くても脳の障害は起きませんが、解熱薬を使ったからと言って髄膜炎や脳炎を防ぐことはできません。

また、熱性けいれんを予防する効果もないとされています。

解熱薬を使うタイミングは、寝る前や、ご飯の前など、ここぞという時に数時間熱を下げる時です。

 

時々「39℃の熱が出ていて解熱薬を使いましたが、まだ38℃あります。」と小児科を受診される方がいます。(※気持ちは痛いほどわかります。。)

そもそも解熱薬は平熱に戻す効果はありませんので、それで十分に効果化が出ているといえます。1℃下がると多少楽になるので、そのすきに水分補給、休息を取らせましょう。

 

また、子どもに使用するのは「アセトアミノフェン」が通常で、大人とは異なる場合があります。また、容量も異なり、過剰摂取は肝障害などを引き起こす可能性があるので、アセトアミノフェンだとしても安易に自分の解熱薬は飲ませずに小児科を受診してください。

また、生後半年までのちびっこには通常解熱薬を用いません。内科に行ってしまうと知らずに処方されてしまう可能性があるので注意をしましょう。

 

夜中でも受診をした方が良い発熱

・3カ月未満の発熱

・ぐったりしていて意識が悪い

・吐き続ける、おしっこが出ない

・けいれんしている

・普段の様子と何かが違い、両親が不安

上4つは夜中でも受診された方が良いでしょう。

また、子どもの病気の重症度判定(入院が必要かどうか)の判定においては見た目が重要であるという研究があり、両親の不安や心配の的中率は医師と同等あるいはそれ以上という結果も出ています。

普段見ている子どもの様子がどうもおかしく、明日の朝まで待つのが不安な状態でしたら、迷わず救急受診をしてください。

結果軽症でもそれは結果オーライ。次から様子を見れるようになればよいだけのことです。

夜間は検査も限られており、我々小児科医も緊急性があるかどうかを主軸に診察をします。そのため、インフルエンザの検査や保湿剤の処方などは行いません。緊急性が無ければ一度帰宅し、次の日の朝にかかりつけ医を受診してください。

 

本日は最も多い発熱のお話でした。

子どもの病気の知識を付けて、万が一の事態に備えましょう!

では(。・ω・)ノ゙