小児科医が子育てに奮闘しています。

小児科医。共働き夫婦。娘が生まれ仕事に子育てに奮闘中。たまに病気についても書きます。子育てについては情報共有して頂けると助かります。

危険!我が家にもあった誤飲のリスク。

子どもに多い異物誤飲とは?

小児科として働いていると「~を飲み込んでしまいました」や「~を飲み込んでしまったかもしれません」といった主訴で来院される方が多くいます。

 

自分は気を付けているから大丈夫!と思っている皆さん、本当に大丈夫ですか?

…いや、自分のことなんです。

うちの子はまだ寝がえりを覚えたばかりで、ハイハイもできなければ歩くこともできません。でも、そんな小さい我が子でも、これは危ないな~。と思ったことがいくつかありました。

 

危険①お菓子の袋

f:id:kobo2:20190305201657j:image

お菓子はもちろん机の上においてありますが、意図せずに落ちてしまい、気がつかなかったようです。

お菓子の個包装はきれいな色で持ちやすく、そのまま口に入れてしまえば個包装ごと飲み込んでしまう可能性があります。

 

赤ちゃんは目線が床近いので、机の下など大人が気が付きにくいところに落ちているものも目に入ってしまいます。意識して床を見ないといけませんね。

 

危険②タグ

f:id:kobo2:20190305202021j:image

生後半年にもなると自分で布団などをつかんで元気に振り回しています。その際にタグが破れてしまったようです。近くにいましたが、妻に言われるまで全く気が付きませんでした。

 

危険③ペットボトルのふた

f:id:kobo2:20190305201652j:image

うちの子はペットボトルが大好きでよく振り回したり舐めたりして遊んでいます。時には蓋の部分をカジカジ…

最近は力がついてきており、口の中に入れている時にふたが外れてしまったら。。。

考えるだけで恐ろしいです。

 

誤飲と誤嚥

上にあるものはすべて誤飲する可能性がありますが、正直言って胃に落ちてしまえばあとはうんちとなって自然と排泄されるのを待つほかありません。やることも特にないので万が一飲み込んでしまっても様子を見て大丈夫です。

 

異物誤飲は多くのものは対処法がありません。

ただ、電池やマグネット、お薬などは緊急で処置が必要なものもあるので、すぐに病院を受診してください。

この辺は別記事でまとめます。

 

でも、それらが食道ではなく、気管の方に入ってしまったら...

気道をふさいでしまい、窒息のリスクがあります。

小さい物なら大丈夫、柔らかい物なら大丈夫と思いがちですが、あながちそうでもありません。

実例①プリクラの写真

赤ちゃんが急にせき込んでみてみるとプリクラが散乱していて受診された患者さん。咳が止まらないため気管に入ってしまったのではと考え気管支鏡で覗いてみると...

声門(気管の一部)の上に「ピースサインをしているプリクラ」が。。

気管の壁にくっついていたので大丈夫でしたが、もし何かのはずみで声門をふさいでしまったら。。。

恐ろしくて笑えませんね。

 

実例②ピーナッツ

ピーナッツを食べていたところ急にむせ込み、救急外来を受診した患者さん。問診からピーナッツの気道異物を疑い気管支鏡を行い摘出が必要となりました。

ピーナッツ誤嚥はたくさんの報告がありますが、ピーナッツが徐々に水分を吸い取って崩れやすくなり、時間がたつと気管支鏡での摘出が困難になるようです。早めに受診をしましょう。

また、誤嚥してしまった後1時間ほどすると症状が落ち着くことがあります。そのままなんとなく咳するな~。と思って数週間、数カ月経ってから受診される患者さんもいます。慢性咳嗽の中でも、なかなか診断に苦労する症例です。心当たりがあればお医者さんに一言むせこんだエピソードを伝えて頂くと助かります。

 

誤嚥をしてしまったら

まずはとにかく背中をトントンたたいてください。背部叩打法といって異物誤嚥の際に行う方法です。医療者は胸部突き上げ法やHeimlich法と言われる方法も試してよいですが、私はこれを正しくできる医療者は3割もいないと感じています。

せき込んでいる場合は前かがみにさせて背中をたたく、もし、完全窒息で喉に手を当てるチョークサインが見られれば、一か八か胸部突き上げ、Heimlich法を試すという流れが良いでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんは思っているより大きなものを飲み込めます。

具体的には大人のOKサインの輪👌、トイレットペーパーの芯を通るものは全て誤飲の可能性があります。

 

異物誤飲、誤嚥は予防するに越したことはありませんが、自分では気を付けていると思っていたのに、この1週間で何度もこれ危ないな~と感じたことが続いたので記事にしてみました。

誤飲に対しての医療的な記事はまたの機会にまとめたいと思います。

 

思わぬところに潜む誤飲のリスク、、私を反面教師としてみなさんも大切な子どもの安全を確保してください!

では(。・ω・)ノ゙